2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.10.29 (Sun)

ここにいる

居場所があるってシアワセ。


楽しさの中にあっても悲しくなったり辛くなったり、

日々、ころころ変わるけど、


ふ…と思い出せばいいと思うの。



――あぁ、ここに居場所を見つけた。

居場所があるってシアワセなんだな――と。


スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

10:42  |  ぽえむ  |  コメント(0)

2017.08.28 (Mon)

Capacity

それぞれに違うものを持っている。


そして、

それぞれの許容範囲も違う。



大事にしたいな、そういうの。



だから、

自分の能力以上の約束はしちゃいけないよ。


他人と比較しても仕方がない。


それぞれ違うんだから。


簡単で当たり前で、とても難しいけどね。


テーマ : 誰かへ伝える言葉 - ジャンル : 小説・文学

10:44  |  ぽえむ  |  コメント(0)

2017.08.25 (Fri)

遠くにいても会えなくても

ふっ…と思い出す人


そんな人がいれば幸せ



遠くにいて 会いたくても会えない人でも


なんでもない時に思い出したりして


元気かな…と思える人がいれば


それは 幸せ




今日、 そんな気持ちをもらった


幸せの 8月25日だった




テーマ : 誰かへ伝える言葉 - ジャンル : 小説・文学

18:39  |  ぽえむ  |  コメント(2)

2017.08.23 (Wed)

自分を責める

さんざん悩んで、自分を責めて、疲れ果てる。


自分を責めるとは、


自分を殺すのといっしょのような気がする。



自分に厳しい、という意味とは


違う気がするんだけどな。




自分も他人も、


無駄に責めてはいけないよ。

テーマ : 独り言 - ジャンル : 日記

13:28  |  ぽえむ  |  コメント(0)

2017.07.31 (Mon)

7月の終わりに

いつもと変わらない時間を


いつものように過ごしてる。




7月が終わります。


今年は早く感じます。




テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

21:08  |  ぽえむ  |  コメント(0)

2017.05.07 (Sun)

それで良いんだよ

懐かしい声を聞いた。


甘ったるい喋り方をする人の


元気そうな声を。



忘れかけていた声だったのに


一瞬にして


アナタだとわかったよ。



「急に思い出して懐かしくなって、元気かなと思って」


どんなに疎遠になってたとしても


アナタの中で思い出になる存在として残った。



そう思えた今日は 


とても シアワセ。



テーマ : 言葉・詩・呟き - ジャンル : モブログ

20:06  |  ぽえむ  |  コメント(0)

2017.03.06 (Mon)

気づいたら

馬鹿みたいに


嘘みたいに


霧が晴れるように




ぐるぐる巻きだった思いが


悲しみが浮いていった気がした。




薄皮をはがすように。




悲しみや悩みなんて


そんなふうに消えていくものじゃないかな。












テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

13:13  |  ぽえむ  |  コメント(2)

2016.09.24 (Sat)

とも

心の底から尊敬できる人は、そんなに多くないと思う。


芯が強くてぶれない人。


彼女を尊敬している。


悩み多き時、どれだけ支えてもらったか。


それを思い出すと、


震えるキモチだ。


テーマ : - ジャンル : 小説・文学

18:21  |  ぽえむ  |  コメント(0)

2016.07.09 (Sat)

今 悲しい人へ

今と違う人生を歩いてたら、

きっと、

今より幸せだったかも…


そう涙している人へ。



もし今、違った人生を選択していたら、

今、感じる幸せには出会えずにいたと思う。


私は不運。

私は不幸。

もし、そう感じているのなら間違いです。


不運だと思える人生の中にあっても、

今だから感じる幸せは、

今だからわかる。



それも立派な幸せ。

どんな境遇にいても、幸せは隣にいます。

その小さな幸せに気づいて下さい。



テーマ : おもうこと - ジャンル : ブログ

16:02  |  ぽえむ  |  コメント(0)

2016.05.05 (Thu)

自分の場合

DSC_0189.jpg


自分が書いたものは、自分から離れた瞬間から別物に感じるので、

書いている時にはわからないモノが見え隠れして、他人行儀な気分に陥ることがあります。


テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

20:03  |  ぽえむ  |  コメント(4)

2016.04.03 (Sun)

心をねかせて

ひとの心というものは


発酵食品とおなじようなもの


熟成時間が多いほど


それぞれ 真似できない旨みが増すから



だから ひとも 


ねかせる時間が だいじなの

テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

12:22  |  ぽえむ  |  コメント(0)

2016.03.23 (Wed)

1日めくり

毎日 おんなじに見えても


毎日 どこか違う


日々は カレンダー


1日1日 その日だけを 紡ぐ


毎日 めくりながら 生きている



テーマ : 幸せになる考え方 - ジャンル : 心と身体

13:12  |  ぽえむ  |  コメント(0)

2016.03.17 (Thu)

この世で一番の不幸って

とことん挫折しちゃって、

もう、

起き上がれないくらいの痛みを知ったとき、

そっと手を差し伸べてくれる人が、

たった一人でもいてくれたら、


また歩き出せるのだと思います。


本当の不幸とは、

そんな、

手をかしてくれる人がいない…


それが、

一番、


不幸なのだと思います。


テーマ : 幸せになれる言葉 - ジャンル : 心と身体

18:15  |  ぽえむ  |  コメント(0)

2016.01.17 (Sun)

忘れないで

忘れないで

今日がある意味を

悲しみをのみ込んできた時間を

もがきながら生きてることを


忘れないで 

今日を迎えた意味を


テーマ : 気付き・・・そして学び - ジャンル : 心と身体

12:07  |  ぽえむ  |  コメント(0)

2015.10.21 (Wed)

LONG

新しい場所に行きたくて

歩んだことのない道を辿っていこうとも


行きつく場所は決まっているのでしょう。



自分の行くべき場所が待っているのですから、


慌てないで大丈夫。


テーマ : 自分を愛する - ジャンル : 心と身体

11:21  |  ぽえむ  |  コメント(0)

2015.10.18 (Sun)

まつげ

今夜 なんだか眠れそうにないよ



それはけっして苦しい事でなく

ゆるゆるした僕の気持ちなんだ


泣きたいような

笑ってしまうような

鼓動をぐっと突かれた感じが

左の僕をつつむ夜

なんともいえない切なさ全部を歌にして

すんなり告白できたらどんなにいいだろう



こんなうすい月の空

僕の言葉が夜風になって

遠くの君に届けばいいのに



精いっぱいの想いを込めて

いとしい君へと流すから

いつか どこかで感じてよ



僕の心で

僕のすべてで

はずかしいくらいの

君へのキモチさ



※2008年 詩集より

23:18  |  ぽえむ  |  コメント(0)

2015.10.16 (Fri)

わたげ

それは旅をしているようなもの


あてもなく流されて

ときどき孤独をあじわって

居心地の悪さで目がさめる



迷う術は何も無い

静かにうたいながら

無意味に暴走する風になる



いつか夢見た続きのような

見据えたマツゲの先に灯す瞬間

絡みつく過去

払拭する今

捨てたい未来



沈黙の中に言葉をうずめて

伝えられない欠片を飲み込むとき

あぁ

こうして

はかなく愛しいものに導かれて歩む



当たり前の偶然

ありそうでなさそうな



たとえば

浮かんで消えるオーロラに似て

恐る恐る触れてみたくなる

頼りないまでの軌道の先に

漆黒の闇に閉ざされると知っていても

悠然と心馳せる場所へ



そうして

微量な力で軌道を残すとき

たどり着いたその先を わたしは何にたとえよう



やっと会えましたね

あなたを想うとすべて輝く



※2005年 詩集より
17:17  |  ぽえむ  |  コメント(0)

2007.10.12 (Fri)

気合の入り具合が違うものって
清々しい気がする。

犯されて
潰されて
流されて
癒された気分。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

18:30  |  ぽえむ  |  コメント(0)

2007.07.15 (Sun)

わかってるけど

どうしても無理なことってある。


おさえられない気持ちだ。


人間には理性があるというが、時として、


作用しない法則が存在するかも知れない。


誰にも否定できない部分だったりする。


『君に今すぐ会いたい』 とか


『声が聞きたい』とかね。


わかってるけど。


 だからそんな時はひょっこり会いに行く。


たとえ10分でも顔を見に行く。


特に何にも話さなくとも顔を見ただけで安心するって事があるから。


会ってからの帰り道、


『元気そうで良かった、会いに来て良かった。』って感じる。


いつもそんな事をかみしめながら


君は会いに来てくれてたんだ。


そう思ったら嬉しすぎて


たぶん、どんな作用があっても


普遍的な副作用で


君を守るだろうな、 たぶん。


 


たとえ、私のすべてをつかっても。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

14:27  |  ぽえむ  |  コメント(0)

2007.06.10 (Sun)

無性に

今すぐにでも
会いたいと思う夜にさえ
キミはいない。
何をしていても
離れない気持ち。
忘れたくても
忘れる術がみつからないから
せめて
キミを想う夜は
声だけ聞けたら最高に良いのだけれど。
と、
高ぶる気持ちを
押し殺す夜に
昨日の あの
キミを想い、
キミを刻む。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

00:24  |  ぽえむ  |  コメント(0)

2007.06.08 (Fri)

すぐに

いろんなことを考えすぎて眠れない。
昨日のことや
明日のことや
ずっと先のことまで
一気に考えてしまった。
あまりにも目が覚めてしまって
ベランダに出てみた。
風がなくてどんよりした空気。
でも月が出ていた、ぽっかりって感じに。
じらじらした気持ちがいっぱいになる。

今度の物語に君を書いたよ。

忙しい時間をさいて、
いつも会いに来てくれたね。
とても嬉しく思ってる。
そして
時々、無性に会いたくなる。
無性に会いたくなって
朝一番の新幹線で会いに行ったことがあったね。
寝起きの顔でニッコリ笑ったのが
忘れられないよ。
四六時中、忘れられない。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

01:11  |  ぽえむ  |  コメント(0)
 | HOME |