2017年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2017.03.11 (Sat)

この日この時間

6年前。

6年前の3月11日。



この時間はまだ余震が続いていて

電気が水道がガスが途絶えている中、

真っ暗な闇で震えていたっけ――


外、停電のため道路も真っ暗で、

水さえ飲めずに、どこかで売ってないだろうかと

雪が降った寒い中を歩いたっけ――


家の中はグチャグチャに家具が倒れて

観葉植物が倒れて土が散乱して、

食器という食器は粉々に砕けて、

電気が付かない真っ暗な闇の中でどこから

片付けたらいいか混乱していたっけ――



ただ一つ。

唯一のよりどころだった小さい石油ストーブを

私、1人して、どれだけ頼りにしたか。


電気の代りの灯り。

寒さから守ってくれる炎。

そして、

凍える身体を温められる

たべもの飲み物を作ってくれる調理台として。



頻繁に余震が続く寒く静かな夜に、

どれだけ頼りになったか、と。



あの日はとても寒くて、

大きい揺れのあとに大粒の雪が降った。



そして、余震が続く真夜中に空を見ると

綺麗な星空が一面に広がっていた。



6年前のいま時間は、

静かで 綺麗な空だったのを思い出します。





あの日の漆黒の闇、

普通にあったもの、

守られてる日常が失われた瞬間、


決して忘れない。



スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災 - ジャンル : 日記

22:46  |  おもいで  |  コメント(2)
 | HOME |