2℃

空気みたいに ふわりと生きる




勇気ある彼に拍手を送りたい :: 2016/10/17(Mon)
あぁ~~~  久々にホッコリと良い気分になった。



とあるスーパーへ買い物へ行った。

駐車場も混雑していて車の往来が激しい。


その雑踏の中、ユックリ動く人影か?…と目で追ったら、

背中がすっかり曲がって正面を見ていないような、

背の低い老婆が三輪車に買い物した荷物を積んで、

右往左往しながら車線の多い道路を渡ろうとしている。


車はバンバン行き交うし危なっかしい。

もう黙って見ていられない…

行って渡り切るのを手伝わなきゃ事故になるよ。

と思った矢先、行き交う車を避けながら

ササッと老婆に近づいた1人の若者、推定年齢20代前半。

老婆の三輪車を引いてあげて道路を渡り切り、

歩道の安全なところまで誘導してあげた。


なんて優しいの!!!


近くで冷笑していたタクシーのジジイ運転手なんて

《あの婆さん、危ねー危ねー》ばかり叫んでた。



ワタシ、いつも思うんです。


《最近の若者はダメだ、つかえない》などと

なにかと馬鹿にする中高年諸君よ、

アナタ達の方がよっぽど、

デリカシーに欠けた態度や行動が目立ちますから!!!


ちょっと注意したもんなら、

呆けたフリ、聞こえないフリをする態度に、

ホント、頭にきちゃう!
スポンサーサイト


テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

  1. にっき
  2. | comment:0



<<時間を忘れて | top | 携帯ケース事情>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する