2℃

空気みたいに ふわりと生きる

雲と先生

  1. 2017/02/22(水) 11:08:58_
  2. おもいで
  3. _ comment:0
雲の流れを見ている―



小学校低学年の時、一年生だったかな・・・


図画の時間に、

外でスケッチをする授業だった。


友達は雲を白色に塗っていたのに、

ワタシは薄い水色にした。

他の友達に「変だ変だ」と囃したてられて泣きそうなワタシを、

「とても上手だよ、自分で感じたとおりに書いたんだもんね」

そう言って誉めてくれた先生。


図画の時間だけしか学校に来ない、

ヨボヨボの年寄り先生だったけど、


すごく好きだったなぁ~…


薄い、絹のような雲を見るたび

あの頃のキモチに戻る。
スポンサーサイト

テーマ : いま想うこと    ジャンル : 日記

<<巧にお聞きする | BLOG TOP | てくてく>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


2℃ぶんぶん時間

プロフィール

nido

  • Author:nido
  • ≪自己紹介≫ 

    物書きの仕事をしながら
    静かでシンプルな日常が
    とても好きです。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

« 2017 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索