惜別

実家の父が亡くなった。


亡くなる一週間前の電話口では

えっ?と思えるほどハッキリとした口調で

穏やかに話していたのに…



危篤だと聞いたときは、正直、

そんな…そんなに酷くならないでしょ…

そう思っていた。


今年、こんなにあっけなく

亡くなってしまうなんて想像もつかなかった。



唯一、娘として出来たこと。


意識があるうちに会えたこと。

意識があるうちに話せたこと。

最期を看取られたこと。



そして、

お洒落だった父らしく、

綺麗にお化粧を施してあげられたこと。



間にあってホント、良かった。



スポンサーサイト
テーマ: 頑張れ自分。 | ジャンル: 日記
やっと… | Home | 上手の練習

コメント

有難うございます(/_;) 

今まで、あんまり親孝行らしいこと
してなかった負い目がありましたが、
娘としてしてあげられた最後の孝行かな…
そう思えてきました。
気難しくて短気で激しい気性だった父でしたが
あんなに穏やかな顏で旅立った事は
今でも信じられません。

2017/06/04 (Sun) 11:47 | ネム様へ★ #- | URL | 編集

会えてよかった・・・話せてよかった・・・
心と体、ゆっくり休めてね。

2017/06/02 (Fri) 20:40 | ネム #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する