空気みたいに ふわりと生きる
実家に帰省した時、

庭の風景がちょっと違って見えた。

母に聞いてみると

大きくなった木を剪定伐採してもらったとのこと。


やっぱり… なんか違うと思ったんだよねぇ。


とても大事に育てた木。


大きくなり過ぎて年老いた親は、

これ以上の管理は無理、との理由からだった。


実家を離れて暮らす私より

実際、住んでる親の方が寂しそうだ。


毎日、季節ごとに癒しをくれた庭木を

自ら伐採を決めるのは

切な過ぎて涙が出てしまったという。


母はそう言って寂しそうに笑った。


切ないね。







スポンサーサイト

【2017/09/15 13:41】 | にっき
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可