空気みたいに ふわりと生きる
陽気に誘われて久々自転車で30分、ショッピングモールへ買物に行きました。地下売り場から最上階までジックリ見てまわって、自転車のハンドルにまでぶら下げながらやっとウチに到着。エレベーター待ちをしていたら、見慣れないお爺ちゃんも立っていたの。【こんにちは、いつも騒がしくてスミマセン】って声をかけられたんだけど、誰だかピンとこなくて、いいえ~とかって誤魔化しちゃって。ところが同じ階で降りたお爺ちゃん、何と、同じ階の旦那さんだった!!普段から微妙に違和感を感じていた【頭部】にカブリモノ、していなかったんです。まるで別人。誰だかわからなかった( ̄▽ ̄;)....。
無理することないよ ゆっくりゆっくりと進めばいい。
すぎていく時間はもどらないけど
振り返ることはナシにして
大事に大事に使えばいい。
それって 無駄遣いじゃないと思うよ。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
無理することないよ ゆっくりゆっくりと進めばいい。
すぎていく時間はもどらないけど
振り返ることはナシにして
大事に大事に使えばいい。
それって 無駄遣いじゃないと思うよ。
スポンサーサイト

【2005/06/02 11:05】 | 未分類
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可