空気みたいに ふわりと生きる
何気に使ってる言葉でも
その場の合わせで終わるかぐっとインパクトを残すか、
その使い方でかなり違いがある。
流れるように、容易く
つるつると出てくる言葉だけど
その言葉によって影響があるとすれば
むやみに放出できないな...と感じる。
そんな弱気な自分を諭してくれる先生がいて
【弱い自分も出すこと!】が自論だそうだ。
そう、確かに、
本の中でも歌の中にも会話だって
【ことば】って手段に感謝。

私もあの人のように
誰かのキモチをつかめるような
誰かのキモチに残るような
ことばを綴ってみたい、いつか。



スポンサーサイト

FC2blog テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【2006/07/22 01:56】 | 未分類
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可