空気みたいに ふわりと生きる
知り合いから新しい試みを考えてると聞いた。
新しい気持ちをカタチにするらしい。

創造の世界は無限だから
どんどん飛躍すら可能なのだ。

そんな知り合いを見るたび、
自分の足踏みの日々を想う。
焦りの痛み、飛べない苦しみ。
もしかして、置いてきぼりをくらったような
閑散とした空気が漂う。
そんな気持ちを吐露した時、
あの人は答えるだろう。

みんな同じ気持ち...と。

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【2006/09/12 22:32】 | 未分類
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可