空気みたいに ふわりと生きる
彼女とデートする。
駅の待ち合わせ場所に早く着きすぎて
近くの物産展をひやかしながら時間をつぶす。
久々に会った彼女だったが、相変わらず
何でもコツコツ頑張ってる様子に妙な安堵感を感じつつ、
楽しくおしゃべりした。
最近OPENしたらしい小洒落たダイニングバーも賞味して
『じゃ、またね~☆』ってさり気なく別れ、駅に向かいながら
一言二言彼女の発した言葉を反復する。
彼女の言葉に未来が映る。
とても良い刺激になり、励まされ、温かい血の流れを感じる。

そう、
人生は旅のようなもの。
でも終着駅を見つけるのではなく
終着駅までの車窓を楽しむのが人生。
時々、
台風や大雨で立ち往生する時もある。
混んでる場に遭遇するとか
あと少しだったのに乗り遅れたり。
いつもタイミングよく、快適な旅ばかりじゃない。
でもね、そこが楽しいし、また人生なのだと思う。
決まったレールばかりじゃなく、
時々、行き先を決めず次の電車に乗ってみる勇気も必要だ。
失敗したかも...なんて、結論を出すには早いかも。
知らない場所にも、妙に居心地の良さを感じることがあるだろう。
気に入ったお店や風景や路地に出会うかもしれないね。
だから、終着駅など決める必要は無いのだ。
そこが、人生の楽しみであり
醍醐味だと思う。
今からでも遅くない。
たっぷり味わおう!



スポンサーサイト

FC2blog テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【2006/10/22 01:28】 | 未分類
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可