空気みたいに ふわりと生きる
時々依頼のある時に書いてる【官能小説】だが、
立ち寄った本屋で見つけた。
それも女の人(推定年齢30代半ばの主婦系?)が
真剣に食い入るように読んでいたのに遭遇しちゃった...。
その光景をチラ見しながら
『どお、面白い?官能してる?』と聞きたくなったわ。
自分が書いたモノを真剣に読んでる光景って、
なんだか恥ずかしい。
嬉しいんだけど、とっても有難いんだけど
恥ずかしすぎて
顔が一気に熱くなった。
でもって友達とか近しい知り合いに読まれたら
自分の裸を見られるより恥ずかしいかも知れないなぁ

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【2006/11/08 20:17】 | 未分類
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可