日本映画マニア

いろんなマニアフレンドがいる。
その中でも、極めて貴重な存在の
家で仕事をしてる友人宅へ行く。
同居のにゃんこに猫じゃらしのプレゼント、
友人にはミルクレープを持参した。

友人は『日本映画マニア』だ。
ほんとに詳しくて嬉しくなる。
小津安二郎監督の映画が好きな私は
ひとつの作品を5回は鑑賞することにしてる。
最初は全体のストーリーの流れを見る。
2・3回目は登場人物の言葉と配置の描写。
4回目は映像の中の家具や食器や道具たちの描写。
5回目でかみ締める様に記憶に残す....って感じで。
小津監督の映画で魅力なのは
勿論、古きよき日本人のワビサビだけど、
小道具の色の配置の素晴らしさ!
特に、紺色と赤の使い方は
誰も真似の出来ないセンスだと思う。
そんな会話が出来る唯一の存在だ。
お互い、食い入るように会話が広がる。

いろんな友人知人がいるけど
一風変わった仲間と集うとき、
この上ない開放感と安心感に揺れる私だ。


スポンサーサイト
テーマ: 日々のつれづれ | ジャンル: 日記
ほんごし入れて | Home | なんだかなぁ~.........

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する