短編

思い出にまつわる話を書いた。
やっと書けたって感じ。
書きたいことが山ほどあるのに
上手く繋がらなかった。
今回のはギュッと凝縮した出来だ。
甘く切ない恋愛モノを書いた。
色で例えるなら.....
カルピスみたいな冬の朝靄色だ。
スポンサーサイト
テーマ: 日々のつれづれ | ジャンル: 日記
バテ?or飢え? | Home | 現役バリバリ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する