空気みたいに ふわりと生きる
今すぐにでも
会いたいと思う夜にさえ
キミはいない。
何をしていても
離れない気持ち。
忘れたくても
忘れる術がみつからないから
せめて
キミを想う夜は
声だけ聞けたら最高に良いのだけれど。
と、
高ぶる気持ちを
押し殺す夜に
昨日の あの
キミを想い、
キミを刻む。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【2007/06/10 00:24】 | ぽえむ
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可