空気みたいに ふわりと生きる
自分の気になる事から
前世にまつわる話を聞いた。

どうやら、
若い女の人で、
質素な生活だったけど気持ちは満たされていて
信仰心があつく、
その強いつながりで
村人と幸せな毎日を送っていて
充実した日々の中で
一日の終わりに、
静かに海に沈む夕日を見つめ
感謝の祈りをしている姿が見えた。 らしい...。

その姿が見えると聞かされたとき
バア~っと鳥肌が立って
悲しくないのに涙が出た。
夕日を見る時に手をかざす癖を知らない彼女、
その仕草すら言い当てた。
『その時の満たされてる日々に帰りたいと願ってるね』と。


スポンサーサイト

FC2blog テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【2007/06/17 22:16】 | おもいで
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可