空気みたいに ふわりと生きる
目覚まし時計にラジオがついてるもので、毎朝起こされる。


時間になるとラジオが流れる。


それ意外に極小ラジオが枕元に置いてあって


眠る前の読書で眠気がおきたら、


極小ラジオに切り替える。



深夜番組を最後まで聞いたことはない。


せいぜい一時間くらいだろうと思う。



ちゃんと消して寝ればいいものを、


雑音になって脳が休めないでしょ、と言われるけどねぇ…



あんまりにもシーンと静かすぎるのも眠れないのです。



程よい音がないと。






スポンサーサイト

FC2blog テーマ:どうでもいい話 - ジャンル:日記

【2015/11/05 23:26】 | にっき
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可